「祇園精舎の鐘の声」も、良く読むと、この倍音のことを言っているんですよ。僕は延暦寺の鐘を叩かせてもらったことがあるんですけど、叩いた瞬間はすごく上の倍音まで鳴っているんだけれども、だんだん倍音が減っていって、最後には1つか2つくらいの音が残って、消えていく。その時間の変化によって倍音が減ってゆくことを描いているんですよ。そんなことを千年も昔の日本人に、気付いていた人間がいたんだなと思ってね。平清盛の生き様のように、だんだん倍音が減っていって、最後にはわずかなものしか残らない。
Reblogged from k's Scraps
冷静に考えると高いけど、情熱的に考えると安い
Reblogged from k's Scraps
給料の8割は嫌な上司、嫌な客、その他の不条理な事を我慢する為に貰っている
Reblogged from k's Scraps
世界中が中国との価格競争に負けて全世界需要の97%を中国が生産する状態になっていた

2010年の漁船衝突事故をきっかけに、中国がレアアースの禁輸措置を取る

市場のレアアースが急激に減少してレアアースショックが発生、価格が高騰

中国のレアアースが使えなくなった事で、競争に負けていた他のレアアース鉱山の価値が向上、採掘・取引開始

わずか数ヶ月で元の価格水準まで下落

中国のアドバンテージ消滅

下落している状況で禁輸を解除するとダブついて更に下落するので、中国は禁輸を解除できない

在庫の山

在庫がある間は次を掘れない

中国のレアアース工業団地は壊滅、ゴーストタウン化
Reblogged from k's Scraps
カップルが一つのイヤホンを二人で片方ずつ耳につけてるのを見るたびに「あれもし聞いてるのがクイーンだったら右のイヤホンからは延々ブライアン・メイのギターとコーラスしか聞こえないけどいいのかな」って思う
Reblogged from k's Scraps
狂人と天才との決定的な違いとは、安直さの有無である。精神を病んだ人は、我慢が出来ない。性急で、地道に物事を進めることが出来ない。すぐに事態を分かりやすい形にしなければ精神が耐えられない。ときにはタイムマシンを発明するなどと称してそれに人生の大半を費やしてしまうようなタイプの患者もいるが、そうした人は忍耐強いわけではない。精神が形骸化し、傷のついたレコード盤のように同じ箇所を延々と反復しているだけである。
— 春日武彦『天才だもの。 わたしたちは異常な存在をどう見てきたのか』青土社 2010年 (via tigerbutter)
Reblogged from k's Scraps
当ブログで何度か書きましたが、
マスコミが一斉に同じ事を言う場合は
それはそういう方向に世論を誘導したいということであり、
しかも日本のマスゴミが皆同じ事を言う場合は
「それは日本にとって正しくない選択肢である」
というのが過去の例からの結論です。
Reblogged from k's Scraps

本川:僕はこの国語部会で、こう提案しました。

 「みんなが作家になるわけじゃないんだから、全員が名文を書かなくてもいいじゃないですか。むしろ、読む側に誤解を与えない、すっきりした論理の通った文章、よくできた理系のリポートみたいな文章の書き方を教えた方が、実践的でいいんじゃないですか」と。

池上:いきなり切り込んだんですね。で、どうなりました?

文学至上主義で使えない国語

本川:こんな反応が返ってきました。

「理科の文章は理科の時間に教えてもらわないと。国語の教師では対応できません」

 それではと理科の部会に行って、理科の教師に文章の書き方を生徒に教えてくれと言えば、それは国語でやってくれ、と言われるでしょうね。

 結局、「そっけないが明晰で論理的で、わかりやすい文章の書き方」は、どちらの教科書にも載らない、つまり、誰も教えない。

池上:だから、長じて文章の書き方に不安を覚えた理系の人たちが、木下是雄さんの『理科系の作文技術』(中公新書)を購入して、この本がベストセラーになるんですね(笑)。

Reblogged from k's Scraps
先日「幼児化するヒト」で知った「ウンコガマン族」。ウンコを堪えるのはアメリカ北部先住民の風習で、男が妊婦の苦しみをシミュレートするのが目的らしい。痛みが極限に達したらこっそり物陰で用を足し、「子どもは死産だった!」と叫んでみんなで号泣するそうな。要素が多すぎてツッコミづらい。
Reblogged from k's Scraps

496 :本当にあった怖い名無し :sage :2012/09/19(水) 23:26:32.83 (p)ID:a3KOZvj10(12)
390 :可愛い奥様:2012/09/19(水) 22:59:53.76 ID:TiwP14tE0
韓国に歴史がないわけ。

朝鮮研究の第一人者である筑波大学教授の古田博司氏

中世については、この間、朝鮮中世経済史の某氏と話した時に、私が「ちょっと言いにくいん
だけど、昔、日本では停滞史観だといって批判されたけど、どうも僕は、長い間やっていた感触
として、李朝はインカ帝国に似ていないか」と聞いたんですよ。そうしたら、彼が「僕もそう思う」
と言うんですね。

つまり、李朝というのは並みの中世ではないのです。例えば車がない。輪っかがないんです。
なぜかというと、曲げ物をつくる技術がない。木を曲げることができないから樽もないわけですよ。

甕は重いでしょう。樽だと楽なんですが、それがないんですよ。だから升に入れて、車がないから、
チゲといって全部背中に担ぐ。王朝の宮廷に地方でとれた蜂蜜を届けるんですけれども、
そういう時は四角の升です。それを組み合わせて木釘で打ったものに蜂蜜を入れて、
背中に担いで山越え谷越えするものですから、着いた時は半分ぐらいないという状況になる。

もっとすごいのは、李朝には商店がないんですよ。御用商人の商店が一カ所に集まっている。
でも戸が閉まっている。要するに、宮中の御用をするだけなんですね。一般の民衆はどうかというと、
みんな市場で買い物をします。北朝鮮と同じなんです。
開いている商店というと、筆屋とか真鍮の食器屋ぐらいですね。両班(ヤンバン)のうちで使うから
筆屋と食器屋はある。帽子などは地面に広げて売っています。商店というものが全然ないんですね。
これは儒教のせいではありません。初めからずっとないのです。北朝鮮も同じで商店がない。
闇市しかないわけです。


500 :本当にあった怖い名無し :sage :2012/09/19(水) 23:39:45.00 (p)ID:GqMG/dPV0(8)
韓国の時代劇が王朝ものばっかりで
庶民を扱った時代劇がない理由がなんとなくわかった
出さないんじゃなくて
庶民文化がないから出せないんだね


505 :本当にあった怖い名無し :sage :2012/09/19(水) 23:45:25.25 ID:wS8BHdxs0
»496
こんな有様では、物々交換から貨幣経済への移行も起こらないし、商人階級の台頭や広域経済の発達もなく、
長距離の信用取引や相場の概念すら発生する余地は皆無だよなぁ。

日本統治以前の韓国の歴史って、永遠の奈良時代みたいなもんか?

510 :本当にあった怖い名無し :sage :2012/09/19(水) 23:57:11.55 (p)ID:AZzji4SR0(7)
»505
奈良時代どころか縄文時代に既に曲げ物があった件

つまり(ry

Reblogged from k's Scraps
ケーブルが切れてエレベーターが直滑降という事故が起こったのは過去1度だけ。1945年、B25爆撃機がエンパイア・ステート・ビルディングに突撃した際、エレベーター2機のケーブルが切断されて発生した。75階のエレベーターには女性が1人乗っていたものの、幸い落下したケーブル1000フィート(304.8m)分が底の方にとぐろ巻きになって衝撃を吸収してくれたお陰で命には別状がなかった。
Reblogged from k's Scraps
誰もみない注意書きとか、誰も押さないボタンとか、誰かの責任を回避するためだけに存在するエレメントをこの世から消滅させたいが、これがとっても難しい。自分だって責任回避でつけたくなるときもある。
Reblogged from k's Scraps
見た目にはかなり危険でも、読み切っていれば怖くはない。剣豪の勝負でも、お互いの斬り合いで、相手の刀の切っ先が鼻先一センチのところをかすめていっても、読み切っていれば大丈夫だ。逆に相手に何もさせたくないからと距離を十分に置いていると、相手が鋭く踏み込んできたときに受けに回ってしまう。逆転を許すことになる。
Reblogged from k's Scraps
国谷さんの「NHK クローズアップ現代」で、自衛隊のイラク派遣から帰国した隊員の28人が自殺しているという衝撃の報告がありました。
Reblogged from k's Scraps
ばあちゃんの畑が荒らされたから「ここは実験農地です。強い農薬、遺伝子組み替え野菜を栽培しております。万一食べた方は病院に行って下さい。責任は負いません」の立て札を作ってみた。効果抜群。ご近所さんも真似て感謝されだしたけど、近所の畑が一帯怪しくなってる、、、ひぎぃ。
Reblogged from k's Scraps